おまとめローンの審査は通りにくい?

おまとめローンの審査は通りにくい?

借金をしている件数が多い場合ですと、金利面での負担を減らすために借金を一つにまとめるおまとめローンを利用することが考えられます。

ですが、いざおまとめローンを利用しようとしても、実際にはおまとめローンの申請がなかなか通らないような話を聞きます。
では、いったいなぜ審査の通過ができにくいのでしょうか?

一番考えられることといえば、おまとめローンを利用する方はすでに借金をしている量が多いものですからそもそも返済能力を疑われている可能性があります。
返済能力がありませんと、いくらなんでもお金を貸そうというようなことは考えてくれる可能性は少ないものです。

また、借入件数が多いとなると、今までにお金をしっかりと返済できたというような実績が乏しいのではないかと考えられます。
しっかりと返済できるようであれば、あちこちで借りる必要はないでしょうが、お金を借りる件数が多いとなると返済する能力や返済意志を疑われることになってしまいます。
yuvbauh

このような状況が申請人にあるから、おまとめローンはなかなか審査が通りにくいようなことになっているのであります。

これはある程度は仕方がないといえるでしょう。

このようなことにならないようにするには、収入を増やすというようなことはなかなかできないでしょうが、
できる限り申請前に借金の返済を続けていることをしっかりとアピールすることや、少しでも返済をして借入件数を減らしておくようなことを
しておくことによって、少しでも審査が通るような状況を作っておくようにしておくといいかと思われます。

カードローンの審査が通りやすいのは?

はじめてのカードローン利用で、一体どこの会社がいいのかたくさんあって分かりませんね。
業者によってどういった違いがあるのでしょうか。
まずカードローンは大きく分けて消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンがあります。

消費者金融系キャッシングと銀行系カードローン

auhvah

大きな違いは、総量規制対象外かどうかですが、
その他にも銀行系カードローンは金利が消費者金融系キャッシングと比べると、金利が安いということです。

例え1%でも金利が安ければ、借り入れ金額が大きかったり返済期間が長くなればなる程総支払額は大きく違ってきます。
100万円借りれば1%の差はおおざっぱに言って年間1万円の金利差になってきます。
ですから少しでも安く借りることが出来るのなら、それに越したことはありませんね。

カードローンの審査は?

また、審査に関しても消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンでは若干ですが違いが有ります。
契約に必要な手続きは、銀行系も消費者金融も特に変わりません。審査もありますし、身分証明書も必要となってきます。
会社によれば、契約申込した即日に利用可能であることもありますので、便利さも一緒ですね。
また銀行系の2つめのメリットとしては、総量規制対象外であるということです。

カードローン審査通りやすくするために

一般的にカードローンでは、所得の1/3までしか借りることが出来ません。これは借り過ぎて債務不履行になってしまうことを防ぎ借主個人を守るための法律です。
ですが、場合によっては大きな額を必要とする時がありますね。
そういった時には、消費者金融では上限が所得の1/3までと決まっていますが、銀行系でしたら総量規制対象外ですからそれ以上の額を借りることができます。
銀行によりますが、1千万円までのまとまった資金を借りることのできる銀行もあります。
ですから多額のカードローンの申込をしたい、そしてなるべく低金利でと考えている場合には銀行系カードローンは非常に有利な契約と言えるでしょう。